美容外科に行こう!理想の胸元を手に入れろ!
HOME > 豊胸

そもそも豊胸っていったい?

バストアップともいいますが、ようするに胸を大きくする手術などのことを言います。女性にとって胸の悩みは大きな問題で、もっと豊かなバストがほしいとか、男性を魅了できるような谷間が作れたら・・・、といったようにその悩みはつきません。

意識しすぎると、果てにはコンプレックスとして抱え込んでしまうこともあるでしょう。そういった女性の悩みを解消するために、医学の発展から、豊胸手術によって胸を大きくする方法が考案されてきたのです。

方法には、シリコンバッグや生理食塩水といったバッグ類を胸に埋め込んで見た目上大きくする方法や、直接脂肪を注入して大きくする手術などが存在します。

どちらも大きな手術となりますので、安易に選択することは不適切ですので、医師との相談の上でよく考えて選ぶようにしましょう。

Next → 二重まぶたになりたい!

美容外科で豊胸術を受けた後に注意する「ダイエット」

美容外科で脂肪注入をする豊胸手術では、術後に注意しなければならない点があります。それは、「ダイエット」と「喫煙」です。脂肪を注入した後は、その新たに注入した脂肪を胸に定着させなければ、豊胸手術を受けた意味がありません。

そのため、術後にダイエットをしてしまうと、注入した脂肪はエネルギーとして消費されて無くなってしまいます。しっかりと定着させるためには、ダイエットを行わずに、多めの食事をとって栄養分を脂肪に行き渡らせなければならないです。また、喫煙もその妨げになってしまうので、術後には禁煙することがおすすめです。

豊胸について

美容外科の豊胸術「ヒアルロン酸注入」の特徴

美容外科で行う豊胸術には、シリコン挿入の方法や、脂肪注入する方法があります。一番手軽に受けられる方法として人気なのが、「ヒアルロン酸注入」となります。これは、注射のみの治療となるので、短時間でかつ費用も他の手術より掛からないメリットがあります。

そのようなメリットがあるのですが、大きくしたいと数カップ上げるには、多くのヒアルロン酸を注入しなければなりません。たくさん注入してしまうと、徐々に触り心地が硬くなってしまう傾向にあるので、ヒアルロン酸を注入するには100ccまでが、触感も変わらずに大きさを実感することができるでしょう。

美容外科では豊胸手術を行う前のカウンセリングが重要

美容外科を受診するとき、医師とのカウンセリングが必須となります。自分がどのようなコンプレックスや、悩みを持っているのかを医師に伝える場なので、しっかりと伝えたいです。カウンセリング受ける理由は、患者さんが豊胸手術を受けるにあたり、リスク回避や満足度の向上のためです。

これから受ける手術には、どのようなリスクが存在しているのかを、医師から説明を受けることで、患者さんの不安を取り除くことができます。それに、患者さん自身が過去に豊胸手術の履歴があるかも、カウンセリングで知ることができるので、医師としても対処がしやすい面もあります。

美容外科の豊胸手術がお得になる「モニター制度」

普通に美容外科で、様々な治療を受けるとなれば、高額な費用が掛かってしまう場合もあります。どのような効果もあるかわからず、手術に踏み切るには少しリスクが高いでしょう。そんな人のために、お得に受けることができる「モニター制度」があります。

これは、医師がセミナーを開くとき、実践して見せる場合にサンプルとなる人が必要なために、安く受けられる仕組みとなっています。美容外科によっては、募集するモニターが違ってきますが、二重整形や豊胸手術などは募集する回数も多く、どこのクリニックでも比較的期間を開けずに、募集されていることが多いです。

メニュー

TOP   美容整形   美容整形大阪   脱毛   レーザー脱毛   脱毛サロン   脂肪吸引   豊胸   二重整形   鼻整形・隆鼻   美容外科